発表論文たまに隠しページもあります 学会発表

著書


武田 真莉子, 福島 昭二, 杉岡 信幸, 岸本 修一: エンタイア生物薬剤学, 京都廣川書店 出版 (2017).


芝田 信人, 杉岡 信幸: DATA & EVIDENCE 臨床薬物動態学 実解, 京都廣川書店 出版 (2013).

発表論文

Pharmacokinetic-pharmacodynamic analysis of cisplatin with hydration and mannitol diuresis: the contribution of urine cisplatin concentration to nephrotoxicity.
Fukushima K, Okada A, Oe H, Hirasaki M, Hamori M, Nishimura A, Shibata N, Sugioka N.
Eur J Drug Metab Pharmacokinet., 2017, [in press]

Alterations in Cisplatin Pharmacokinetics and Its Acute/Sub-chronic Kidney Injury over Multiple Cycles of Cisplatin Treatment in Rats.
Okada A, Fukushima K, Fujita M, Nakanishi M, Hamori M, Nishimura A, Shibata N, Sugioka N.
Biol Pharm Bull., 2017 Nov;40(11):1948-55

Population pharmacokinetics of cyclosporine A in Japanese renal transplant patients: comprehensive analysis in a single center.
Okada A, Ushigome H, Kanamori M, Morikochi A, Kasai H, Kosaka T, Kokuhu T, Nishimura A, Shibata N, Fukushima K, Yoshimura N, Sugioka N.
Eur J Clin Pharmacol., 2017 Sep;73(9):1111-9.

必須脂肪酸供給源としての脂肪乳剤の最近の動向 / Recent trends in the lipid emulsion as the source of essential fatty acids.
杉岡 信幸, 野坂 和人.
ビタミン (Vitamin), 2016 Nov;90(11):559-61.

Population Semiphysiologic Kinetic Modeling and Simulation of Plasma Triglyceride Levels After Soybean Oil-Based Intravenous Lipid Emulsion Administration in Rats.
Okada A, Hirano M, Tanioka M, Tsujimoto T, Koyama H, Nishimura A, Shibata N, Fukushima K, Sugioka N.
JPEN J Parenter Enteral Nutr., 2016 Jul 27. pii: 0148607116661030.[Epub ahead of print]

Population pharmacokinetic-toxicodynamic modeling and simulation of cisplatin-induced acute renal injury in rats.
Fukushima K, Okada A, Sasaki K, Kishimoto S, Fukushima S, Hamori M, Nishimura A, Shibata N, Shirai T, Terauchi R, Kubo T, Sugioka N.
J Pharm Sci., 2016 Jan;105(1):324-32.

Enhanced oral bioavailability of vancomycin in rats treated with long-term parenteral nutrition.
Fukushima K, Okada A, Hayashi Y, Ichikawa H, Nishimura A, Shibata N, Sugioka N.
Springerplus., 2015 Aug 22;4:442.

Effect of Intestinal Atrophy and Hepatic Impairment Induced by Parenteral Nutrition on Drug Absorption and Disposition in Rats.
Fukushima K, Miki T, Nakamoto K, Nishimura A, Koyama H, Ichikawa H, Shibata N, Tokuyama S, Sugioka N.
JPEN J Parenter Enteral Nutr., 2015 Feb;39(2):218-27.

Preparation of Methacrylic Acid Copolymer S Nano-fibers Using a Solvent-Based Electrospinning Method and Their Application in Pharmaceutical Formulations.
Hamori M, Shimizu Y, Yoshida K, Fukushima K, Sugioka N, Nishimura A, Naruhashi K, Shibata N.
Chem Pharm Bull., 2015 Feb;63(2):81-7.

吸入ステロイド薬の副作用である嗄声発現の要因解析 / Factorial Analysis of the Onset of Hoarseness, the Side Effect of Inhaled Corticosteroids.
岡田 章, 松本 結希, 山越 達也, 西川 誠, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
医療薬学 (Jpn J Pharm Health Care Sci.), 2014 Dec;40(12):716-25.

Evaluation of efficacy and safety of artesunate and its active metabolite, dihydroartemisinin, in streptozotocin-induced diabetes rats by blood pharmacokinetic analysis.
Fukushima K, Uchimura Y, Okada A, Sugioka N.
Interact Med Chem., 2014 2:1.

Preparation and pharmaceutical evaluation of nano-fiber matrix supported drug delivery system using the solvent-based electrospinning method.
Hamori M, Yoshimatsu S, Hukuchi Y, Shimizu Y, Fukushima K, Sugioka N, Nishimura A, Shibata N.
Int J Pharm., 2014 Apr 10;464(1-2):243-51.

Effects of bile duct stricture on the pharmacokinetics of the immunosuppressant tacrolimus in rats.
Kobuchi S, Fukushima K, Maeda Y, Kokuhu T, Ushigome H, Yoshimura N, Sugioka N, Takada K.
Interact Med Chem., 2013 1:1.

Effects of Cholestasis on Whole Blood Concentration of Tacrolimus, an Immunosuppressant, in Living-Related Liver Transplant Recipients.
Kobuchi S, Fukushima K, Maeda Y, Kokuhu T, Ushigome H, Yoshimura N, Sugioka N, Takada K.
Int J Clin Med., 2013 Oct;4, 432-9.

Effects of Obesity Induced by High-Fat Diet on the Pharmacokinetics of Atazanavir in Rats.
Kobuchi S, Fukushima K, Aoyama H, Ito Y, Sugioka N, Takada K.
Drug Metab Lett., 2013 Mar;7(1):39-46.

Dose Adjustment Strategy of Cyclosporine A in Renal Transplant Patients: Evaluation of Anthropometric Parameters for Dose Adjustment and C0 vs. C2 Monitoring in Japan, 2001-10.
Kokuhu T, Fukushima K, Ushigome H, Yoshimura N, Sugioka N.
Int J Med Sci., 2013 Sep;10(12):1665-73.

Time-dependent interaction of ritonavir in chronic use: The power balance between inhibition and induction of P-glycoprotein and cytochrome P450 3A.
Fukushima K, Kobuchi S, Mizuhara K, Aoyama H, Takada K, Sugioka N.
J Pharm Sci., 2013 Jun;102(6):2044-55.

Effects of oxidative stress on the pharmacokinetics and hepatic metabolism of atazanavir in rats.
Kobuchi S, Fukushima K, Aoyama H, Ito Y, Sugioka N, Takada K.
Free Radic Res., 2013 Apr;47(4):291-300.

Two-layered dissolving microneedles formulated with intermediate-acting insulin.
Ito Y, Hirono M, Fukushima K, Sugioka N, Takada K.
Int J Pharm., 2012 Oct 15;436(1-2):387-93.

Pharmacokinetics and distribution of fluvoxamine to the brain in rats under oxidative stress.
Kobuchi S, Fukushima K, Ito Y, Sugioka N, Takada K.
Free Radic Res., 2012 Jul;46(7):831-41.

Effects of renal function on the pharmacokinetics and pharmacodynamics of prophylactic cefazolin in cardiothoracic surgery.
Kosaka T, Hosokawa K, Shime N, Taniguchi F, Kokufu T, Hashimoto S, Fujiwara H, Yaku H, Sugioka N, Okada K, Fujita N.
Eur J Clin Microbiol Infect Dis., 2012 Feb;31(2):193-9.

Effect of oxidative stress on the pharmacokinetics of clomipramine in rats treated with ferric-nitrilotriacetate.
Kobuchi S, Fukushima K, Aoyama H, Matsuda T, Ito Y, Sugioka N, Takada K.
Drug Metab Lett., 2011 Dec;5(4):243-52.

Two-layered dissolving microneedles for percutaneous delivery of sumatriptan in rats.
Ito Y, Kashiwara S, Fukushima K, Takada K.
Drug Dev Ind Pharm., 2011 Dec;37(12):1387-93.

Effects of obesity induced by high-fat diet on the pharmacokinetics of cyclosporine A in rats.
Fukushima K, Yoshida K, Ito Y, Takada K, Sugioka N.
Biomed Prev Nutr., 2011 Sep;1(3): 195-201.

Decrease in brain distribution of fluvoxamine in experimental hyperlipidemic rats.
Fukushima K, Kobuchi S, Shibata M, Takada K, Sugioka N.
J Pharm Pharm Sci., 2011 Jul;14(3):414-24.

Pharmacokinetics of clomipramine, an antidepressant, in poloxamer 407-induced hyperlipidaemic model rats.
Kobuchi S, Fukushima K, Shibata M, Ito Y, Sugioka N, Takada K.
J Pharm Pharmacol., 2011 Apr;63(4):515-23.

Polymeric three-layered particles for the delivery of prednisolone to the lower gastrointestinal tract in rats.
Fukushima K, Prabha T, Ito Y, Sugioka N, Takada K.
Drug Dev Ind Pharm., 2011 Mar;37(3):335-41.

Effect of blood decrease on micafungin disposition in rats.
Konishi H, Fukushima K, Sudo M, Sumi M, Minouchi T, Iga I, Shibata N, Yamaji A.
Eur J Drug Metab Pharmacokinet., 2011 Mar;36(1):35-9.

学会発表


Cisplatin反復投与時における急性および亜慢性腎毒性発現予測を目的としたModeling & Simulation.
○岡田 章, 藤田 まい, 中西 真那, 本田 朱李, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第27回 日本医療薬学会年会 2017年 11月 (幕張)

Population pharmacokinetic analysis of vancomycin in patients with hematopoietic stem cell transplantation.
○Okada A, Kariya M, Kajioka R, Ando M, Fukushima K, Okada Y, Sugioka N.
15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, September, 2017, Kyoto (Japan) Student presentation grant recipient

強制利尿法の用量が抗がん剤cisplatinの薬物動態および腎障害軽減作用に及ぼす影響.
○岡田 章, 大江 裕之, 平崎 実花, 中西 真那, 藤田 まい, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第137年会 2017年 3月 (仙台)

薬剤誘発性肝障害モデルラットにおける脂肪乳剤投与後の血中トリグリセリド動態.
○竹田 晃輝, 岡田 章, 山本 奈瑠美, 辻本 貴江, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第32回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 2017年 2月 (岡山)

食餌誘発性低栄養モデルラットにおける脂肪乳剤投与後の血中トリグリセリド濃度推移.
○山本 奈瑠美, 岡田 章, 竹田 晃輝, 辻本 貴江, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第32回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 2017年 2月 (岡山)

腎移植患者における免疫抑制剤Tacrolimusの術後血中動態変動に対する共変量探索.
○小林 千華, 岡田 章, 小阪 直史, 国府 孝敏, 牛込 秀隆, 吉村 了勇, 笠井 英史, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第37回 日本臨床薬理学会学術総会 2016年 12月 (米子)

免疫抑制剤cyclosporine Aの腎移植術前血中濃度データを用いた術後血中濃度予測.
○岡田 章, 森河内 彩, 小林 千華, 小阪 直史, 国府 孝敏, 牛込 秀隆, 吉村 了勇, 笠井 英史, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第37回 日本臨床薬理学会学術総会 2016年 12月 (米子)

Nephrotoxic alterations in repeated administration of cisplatin to rats: acute and chronic kidney injury.
○Okada A, Marufuji S, Nakanishi M, Fujita M, Oe H, Hirasaki M, Fukushima K, Sugioka N.
日本薬物動態学会 第31回年会 2016年 10月 (松本)

I 型糖尿病モデル動物を用いた脂肪乳剤投与後の血中中性脂質動態.
○宮内 悠衣, 岡田 章, 石合 綾乃, 大山 早紀, 竹田 晃輝, 山本 奈瑠美, 辻本 貴江, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第26回 日本医療薬学会年会 2016年 9月 (京都)

単独施設データを用いた免疫抑制剤の血中濃度推定精度比較.
○吉田 早希, 岡田 章, 森河内 彩, 小林 千華, 小阪 直史, 国府 孝敏, 牛込 秀隆, 吉村 了勇, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第26回 日本医療薬学会年会 2016年 9月 (京都)

抗がん剤cisplatinの反復投与が腎障害の発現・重症度に及ぼす影響.
○岡田 章, 丸藤 峻佑, 中西 真那, 藤田 まい, 大江 裕之, 平崎 実花, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第26回 日本医療薬学会年会 2016年 9月 (京都)

アンジオテンシンII受容体拮抗薬の術中血圧への影響への検討.
○平野 美優, 濱 宏仁, 嶋本 藍, 杉岡 信幸, 田中 詳二.
第26回 日本医療薬学会年会 2016年 9月 (京都)

母集団semi-physiological kinetic modeling and simulation手法を用いた脂肪乳剤投与時における血中triglyceride濃度推移の予測.
○岡田 章, 平野 美優, 辻本 貴江, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第53回 日本外科代謝栄養学会学術集会 2016年 7月 (文京)

Lipid Rescue 療法における薬物-脂肪乳剤相互作用の母集団semi-physiological kinetic modeling.
○岡田 章, 上野 幹生, 谷岡 真帆, 辻本 貴江, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第136年会 2016年 3月 (横浜)

肺がん患者におけるGPSスコアとがん悪液質病期分類の組み合わせによる予後予測因子の検討.
○辻本 貴江, 渡邊 亜紀穂, 岡田 裕, 岡田 章, 福島 恵造, 福島 昭二, 杉岡 信幸, 片上 信之, 久米 典昭.
第31回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 2016年 2月 (福岡)

腎移植患者における免疫抑制剤cyclosporine Aの血中動態変動に対する共変量探索.
○岡田 章, 金森 美咲, 森河内 彩, 小阪 直史, 国府 孝敏, 牛込 秀隆, 吉村 了勇, 笠井 英史, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第36回 日本臨床薬理学会学術総会 2015年 12月 (新宿) 優秀演題賞

TDM実施に際する施設オリジナル母集団パラメータの有用性.
○岡田 章, 上野 幹生, 金森 美咲, 小阪 直史, 国府 孝敏, 牛込 秀隆, 吉村 了勇, 笠井 英史, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第25回 日本医療薬学会年会 2015年 11月 (横浜)

Kinetic approach to estimate the plasma triglyceride levels after administration of lipid emulsion with population analysis.
○Okada A, Hirano M, Koyama H, Fukushima K, Sugioka N.
日本薬物動態学会 第30回年会 2015年 11月 (江戸川)

脂肪乳剤投与による局所麻酔薬Bupivacaineの組織移行変動.
○谷岡 真帆, 平野 美優, 岡田 章, 福島 恵造, 小山 光, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第135年会 2015年 3月 (神戸)

脂肪乳剤の適正使用を目的とした薬物動態学的解析の適用.
○平野 美優, 岡田 章, 谷岡 真帆, 福島 恵造, 小山 光, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第135年会 2015年 3月 (神戸)

抗がん剤Cisplatin誘発性急性腎障害の予測を目的とした母集団薬物動態/毒力学モデルの構築.
○田中 夏海, 行時 眞人, 岡田 章, 佐々木 皐祥, 福島 恵造, 小坂 直史, 寺内 竜, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第135年会 2015年 3月 (神戸)

脂肪乳剤投与時における血中triglyceride濃度推移の母集団 pharmacokinetic modeling and simulation.
○岡田 章, 平野 美優, 谷岡 真帆, 福島 恵造, 小山 光, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第135年会 2015年 3月 (神戸)

脂肪乳剤投与後の血中トリグリセリド濃度推移への薬物動態学的挑戦.
○岡田 章, 福島 恵造, 小山 光, 杉岡 信幸.
第30回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 2015年 2月 (神戸)

POPULATION PHARMACOKINETIC-PHARMACODYNAMIC MODELING OF CISPLATIN IN RATS.
○Fukushima K, Okada A, Sasaki K, Kosaka T, Terauchi R, Sugioka N.
19th North American ISSX Meeting / 29th JSSX Meeting, October, 2014, San Francisco (USA)

抗がん剤シスプラチンの腎障害予測を目的とした母集団薬物動態/薬力学モデルの構築.
  〜シスプラチン誘発性腎障害のPopulation PK/PD modeling & Simulation〜
○福島 恵造, 岡田 章, 佐々木 皐祥, 小坂 直史, 寺内 竜, 杉岡 信幸.
第64回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2014年 10月 (京都)

吸入ステロイド薬の副作用である嗄声発現の要因解析.
○岡田 章, 松本 結希, 山越 達也, 西川 誠, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第24回 日本医療薬学会年会 2014年 9月 (名古屋)

体内薬物動態における酸化ストレスの影響.
○中村 有里, 大西 優里, 岡田 章, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第134年会 2014年 3月 (熊本)

TPN誘導性消化管萎縮時におけるバンコマイシンの吸収動態変動.
○林 頼子, 岡田 章, 中本 賀寿夫, 福島 恵造, 徳山 尚吾, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第134年会 2014年 3月 (熊本)

長期中心静脈栄養施行時における薬物療法の動態学的アセスメント.
○福島 恵造, 三木 隆弘, 岡田 章, 中本 賀寿夫, 小山 光, 西村 亜佐子, 芝田 信人, 徳山 尚吾, 杉岡 信幸.
第 63 回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2013年 10月 (京都)

Time-dependent balance between inducing and inhibiting effects of P-glycoprotein and cytochrome P450 3A.
○Fukushima K, Kobuchi S, Ito Y, Takada K, Sugioka N.
10th International Society for the Study of Xenobiotics (ISSX), September, 2013, Toronto (Canada)

糖尿病性腎不全患者の腎移植後の免疫抑制薬の適正使用に関する検討.
○石野 愛弓, 宮崎 綾, 国府 孝敏, 牛込 秀隆, 吉村 了勇, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第24回 日本医療薬学会年会 2013年 9月 (仙台)

酸化ストレス病態下におけるシクロスポリンの血球移行率の変動.
○宮崎 綾, 石野 愛弓, 大西 優里, 国府 孝敏, 牛込 秀隆, 吉村 了勇, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第24回 日本医療薬学会年会 2013年 9月 (仙台)

クレブシエラ縦隔洞炎の治療に血中セファゾリン濃度の測定が有用であった持続的腹腔. ドレナージ中の小児の一例.
○井上 美帆, 小阪 直史, 徳平 夏子, 福島 恵造, 河井 容子, 高山 千尋, 田畑 雄一, 糸井 利幸, 杉岡 信幸, 橋本 悟.
第58回 日本集中治療学会医学会 近畿地方大会 2013年 7月 (神戸)

TPN誘導性消化管萎縮時における薬物吸収動態変動.
○福島 恵造, 三木 隆弘, 山崎 彩加, 小山 光, 中本 賀寿夫, 徳山 尚吾, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第133年会 2013年 3月 (横浜)

Efficacy and safety of antimalarial drugs, mefloquine, artesunate, and dihydroartemisinin in streptozotocin-induced diabetic rats.
○Uchimura Y, Horiguchi A, Sanno K, Fukushima K, Sugioka N.
日本薬物動態学会 第27回年会 2012年 11月 (江戸川)

An exploratory study of pharmacokinetics in rats with intestinal atrophy induced by long-term total parenteral nutrition.
○Miki T, Yamasaki A, Fukushima K, Sugioka N.
日本薬物動態学会 第27回年会 2012年 11月 (江戸川)

生体腎移植患者において高血圧が免疫抑制剤シクロスポリン、タクロリムスの血中動態に及ぼす影響.
○国府 孝敏, 福島 恵造, 杉岡 信幸, 吉村 了勇.
日本薬学会 第132年会 2012年 3月 (札幌)

静脈内麻酔薬propofolの糖尿病病態下における脳内移行性.
○福島 恵造, 堀口 明日香, 内村 暢介, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第132年会 2012年 3月 (札幌)

Effects of plasma lipoproteins on the disposition and brain distribution of fluvoxamine in hyperlipidemic rats.
○Fukushima K, Kobuchi S, Inada K, Takada K, Sugioka N.
日本薬物動態学会 第26回年会 2011年 11月 (広島)

生体腎移植患者における循環動態が免疫抑制剤(シクロスポリン、タクロリムス)の血中動態に及ぼす影響.
○田窪 真里奈, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第61回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2011年 10月 (神戸)

糖尿病病態下における静脈内麻酔薬propofolの動態学的アセスメント.
○堀口 明日香, 内村 暢介, 福島 恵造, 杉岡 信幸.
第61回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2011年 10月 (神戸)

生体肝移植後のタクロリムス免疫抑制療法に影響を及ぼす因子の探索と評価.
○福島 恵造, 杉岡 信幸, 吉村 了勇.
第61回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2011年 10月 (神戸)

抗精神薬fluvoxamineの高脂血症病態下における中枢移行性評価.
○稲田健志, 福島恵造, 杉岡信幸.
第61回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2011年 10月 (神戸)

高尿酸症における免疫抑制薬タクロリムスの吸収低下とそのメカニズムの解明.
○福島 恵造, 安田 京平, 松田 達馬, 高田 寛治, 杉岡 信幸.
日本薬学会 第131年会 2011年 3月 (静岡)

免疫抑制剤シクロスポリンの血中動態に及ぼす脂肪乳剤の影響.
○松田 達馬, 宮田 善仁, 福島 恵造, 伊藤 由佳子, 杉岡 信幸, 高田 寛治.
第31回 日本臨床薬理学会学術総会 2010年 12月 (京都)

生体腎移植患者における免疫抑制薬 cyclosporine A の投与量補正因子の探索を目的とした retrospective study.
○福島 恵造, 国府 孝敏, 岡本 雅彦, 吉村 了勇, 杉岡 信幸.
第20回 日本医療薬学会年会 2010年 11月 (幕張)

生体肝移植における免疫抑制剤タクロリムスの血中動態に影響を与える諸因子.
○木村 嘉彦, 国府 孝敏, 福島 恵造, 岡島 英明, 杉岡 信幸, 高田 寛治, 吉村 了勇.
第20回 日本医療薬学会年会 2010年 11月 (幕張)

Time-dependent interaction of ritonavir with P-glycoprotein and cytochrome P450 substrate in chronic use.
○Fukushima K, Mizuhara K, Kobuchi S, Aoyama H, Takada K, Sugioka N.
日本薬物動態学会 第25回年会 2010年 10月 (大宮)